お金を使わずに暮らす方法

お金を使わない生活と聞くと、一般的な成功や幸福のイメージからほど遠い暮らし方を想像します。しかし最近では、それが1つのライフスタイルとして多くの人の支持を集めています。金銭的な問題でストレスを抱えずに済むというメリット以外にも、環境に負荷をかけない、持ち物を大切にする心が育つ、目的を持って生活できるなど、たくさんの利点があります。お金をかけない生活を完璧に実践できないとしても、無駄のない生活を送ることはできます。

5の方法1:
計画を立てる

  1. 1
    出費を減らす努力をします。お金を使わない生活を始めるには、家族がいる場合、大きな決断を要します。まず、1週間あるいは1ヶ月間お金を使わずに暮らしてみて、自分に合った生活様式かを判断しましょう。日常生活には節約できる部分がたくさんあります。全くお金を使わない、という極端な選択をしなくても、日常生活の無駄を省くことで節約ができます。
    • 自転車で通勤してみましょう。通勤費や他の必要経費(ガソリン代、駐車代、車の維持費)が節約できます。また健康増進にも効果的です。
    • 1週間食料を買わずに、家にある材料だけで食事を作ってみましょう。身近な食材を使ったレシピが、インターネットにたくさん紹介されています。[1]
    • 無料で参加できる催し物を見つけましょう。地域限定の新聞などに無料で参加できるイベントが掲載されています。お金をかけずに楽しむ方法として、本やインターネット、図書館の貸出しビデオなどもあります。また、散歩に出かけたり友達や家族と一緒に過ごしたりしてみましょう。
    • 「www.moneyless.org」は、お金を使わない暮らし方のヒントを集めたサイトです。
  2. 2
    家族のニーズを考えます。お金を使わない生活を実践するには、かなりの覚悟が必要です。家族がいる場合、一人一人のニーズを慎重に考えましょう。
    • 医療的ケアを要する家族がいる場合には、適した選択ではないかもしれません。
    • 著しく寒いまたは暑い地域では、空調なしの生活は危険を伴うかもしれません。小さい子供や高齢者は、極端な暑さや寒さで病気になったり命を落としたりする可能性もあります。[2]
  3. 3
    経験者から学びます。ドイツ人の女性ハイデマリー・シュヴェルマー氏のように、遊牧生活スタイルを始めたいのか、ダニエル・スエロ氏のように洞窟で無電化生活を送るのが目標なのか、先駆者の様々なライフスタイルを勉強して、自分に合ったスタイルを見つけましょう。
    • マーク・ボイル著『ぼくはお金を使わずに生きることにした』(吉田奈緒子訳)は、著者のお金を使わない生活体験記です。ボイル氏は、別の著書『The Moneyless Manifesto』やブログでも自身の体験を紹介しています。[3]また、「Streetbank」というウェブサイトを立ち上げて低コストの暮らし方を紹介しています。
    • マーク・サンディーン著『スエロは洞窟で暮らすことにした』(吉田奈緒子訳)は、14年間お金を使わずに生活したダニエル・スエロ氏の伝記です。
    • 2012年公開のドキュメンタリー映画『Living Without Money』は、1990年代以降お金を使わずに生活し続けているドイツ人女性ハイデマリー・シュヴェルマー氏の体験記録です。
  4. 4
    何に投資するかを考えます。お金を使わない生活に一役買う方法として、野菜畑、太陽光発電、堆肥化トイレ、井戸などがありますが、最初に投資が必要です。光熱費の大幅節約、あるいは光熱費ゼロも期待できますが、一晩では叶いません。
    • 都会暮らしや持ち家の場合は、節約の選択肢が限られます。何が可能かを調べましょう。
  5. 5
    多少の支出は覚悟します。処方薬を飲んでいる最中の医療費カットは避けましょう。服用をやめる場合は、事前に主治医に相談しましょう。家が売れない、売りたくないのであれば、質流れや立ち退きを避ける為にも、住宅ローンを払い続けなければなりません。
    • 仕事を継続する場合は、税金を納めなければなりません。
    • 米国では、医療費負担適正化法により、すべての成人は健康保険に加入しなければなりません。[4]年収の額(現在1万ドル以上、変更の可能性あり)により健康保険料か罰金を支払わなければなりません。
    Advertisement

5の方法2:
住居を整える

  1. 1
    電気なしの生活を実践します。太陽光や風力などの再生可能な自然エネルギー利用の家を見つけるか、自ら建ててみましょう。水は井戸を掘るか、地域の小川を利用します。堆肥化トイレを設置すると水を節約でき、環境に負荷をかけません。また、野菜畑用に人糞肥料を生産できます。[5]
    • 一家全員で暮らせる家が準備できない場合は、キャンプ用バン(キャンピングカーまたはRV車とも呼ばれる)を利用しましょう。水辺の近くに簡単に暮らしの拠点を置けるのが、移動住宅の利点です。
    • 「アースシップ」は、中古車のタイヤやビール瓶などの廃棄商品を利用して作られた環境に優しい住居です。住宅健在は、労働力と引き換えに入手できます。[6]
    • お金を全く使わない暮らし方が難しい場合は、太陽光パネルや堆肥化トイレを設置すると、家計にも環境にも優しい生活ができます。
  2. 2
    有機農場でボランティアをします。 World Wide Opportunities on Organic Farms(ウーフ) は、世界中のボランティアワーカーと有機農家とを繋ぐ信頼のおける組織です。年間登録料が僅かにかかりますが、基本的には労働力と引き換えに宿泊代と食事代をホストに提供してもらうシステムです。家族ごと受け入れてくれる農家もあります。
    • 外国でボランティア活動をする場合は、就労ビザと渡航費が必要です。
    • 有機農場で手伝いをすると、食料生産の技術が学べ、実践にも役立ちます。
  3. 3
    目的を共有できるコミュニティーに移住します。共同宿泊施設の整ったコミュニティーがたくさん存在します。「目的共同体」「コミューン」「コープアパート」「エコビレッジ」「共同住宅地」などと呼ばれています。自身の専門技術や食料と引き換えに、住居やその他必要な物を提供してもらいます。詳しい情報はインターネットで入手できます。
    • 興味のあるコミュニティーに連絡をとり、情報を得てから引っ越しの準備をしましょう。集団生活に馴染めない人もいます。自身の性格や価値観を改めて考え、コミュニティーとの相性を確かめましょう。
  4. 4
    留守預かり人として名前を広げる努力をします。移動生活を送るのならば、責任感があり信頼のおける留守預かり人として名前を知ってもらいましょう。旅行しながら快適に生活できます。「Trusted House Sitters」[7]や「Mind My House」[8]などのオンライン組織に参加してみましょう。また、頼りになる留守番役として地域コミュニティーで自己アピールしましょう。
    • 新しい人に会うのが好きで臨機応変に対応でき、仮設住宅での暮らしに興味がある場合は、「Couchsurfing」「The Hospitality Club」といった組織を調べてみましょう。
  5. 5
    大自然の中で暮らします。自然の中で暮らすためのスキルをしっかりと身に着けましょう。町から離れて暮らす方法はたくさんあり、雨風を凌げる洞窟は選択肢の1つです。
    • こういった生活様式は、肉体的にも精神的にも相当な努力が必要です。健康にあまり自信がない、子どもや高齢者がいる場合は、好ましい選択肢ではないかもしれません。[9]
    • 暖かい所へ移住しましょう。年間を通して気温がほぼ一定で、大雨や厳しい寒さの心配がない環境であれば、外で暮らすのも比較的簡単です。
  6. 6
    教団への参加を検討します。仏教のサンガやキリスト教の男子修道院や女子修道院のように、世俗的な追求を放棄して生活を送る宗教団体があります。これらのコミュニティーでは、奉仕活動や修道院の手伝いと引き換えに、衣服、住居、食料などの基本的な生活必需品を提供してくれます。[10]
    • こういった生活様式が自分に合っている場合、インターネットで調べるか興味のあるコミュニティーに連絡してみましょう。
    • 教団は、基本的に個人の受け入れだけを行います。家族がいる場合は、あまり良い選択肢ではないかもしれません。
    Advertisement

5の方法3:
食料を調達する

  1. 1
    食料の調達方法を調べます。自給自足の生活に備えて有毒植物と食用植物が見分けられるように、ガイドブックを購入しましょう。Richard Mabeyの「Food For Free」はイラスト入りの有名なハンドブックで、広く読まれ、良い評価を得ています。野菜を栽培する場合は、土地の分割方法、種植え、作物の手入れ方法などを調べましょう。
    • 近くの大学や短大などで、市民向けの無料講座があるかどうかを調べましょう。家庭菜園や狩猟採集などの授業に積極的に参加して、情報を入手しましょう。
    • 食べ物は季節ごとに旬の時期が違います。 ベリー類は夏に、リンゴやナッツは秋に収穫できます。緑の野菜は、ほぼ1年中収穫できます。 栽培や採集で、1年を通して食料が確保できると、栄養バランスのとれた食生活を維持できます。
  2. 2
    食用植物を採取します。 周辺の野生植物を摘んで食事を準備しましょう。環境に優しい、楽しい食事作りです。郊外の邸宅で果物の木を見つけても、勝手に木の実を摘んではいけません。まず、持ち主の許可を得ましょう。
    • 動物が食べた痕跡のあるナッツや植物、腐った木の実などを採取するのは避けましょう。バクテリアを含んでいる可能性があります。
    • 大通りや工業地帯近くの植物は避けましょう。車の排出ガスや工場廃棄物で汚染されているかもしれません。工業地帯から離れた田舎や開発の進んでいない地域で、食用植物や木の実などを探しましょう。
    • 識別できない物を食べてはいけません。危険かどうかの判断が付かない植物は、避けるのが賢明です。
  3. 3
    地元の店、ファーマーズマーケット、レストランなどで余った食材を譲ってもらいます。余った食べ物や販売期限が切れた商品を、まだ食べられるにも関わらず、捨ててしまう食料品店やレストランがたくさんあります。商品の処分についての店の方針を店長に尋ねましょう。地元のファーマーズマーケットで販売している業者にも、譲ってもらえる物があるかを尋ねましょう。
    • 細菌の増殖や食中毒の危険性が高いので、肉、乳製品、卵には注意しましょう。
    • 独立店や家族経営の店舗が食材を譲ってくれるかを尋ねてみましょう。大規模スーパーに比べて融通がきくかもしれません。ただし、廃棄された食物を販売する店もあるため、注意しましょう。
    • 地元で名を上げましょう。年間、数千ドル相当の食料を無駄にしている世帯がたくさんあります。「お金を使わない生活」のポスターを作り、公民館などに掲示して自身の生活様式について多くの人に知ってもらいましょう。季節を過ぎた果物や野菜、古くなった乾物などを譲ってもらえるかもしれません。
  4. 4
    物々交換で食料を入手します。 物々交換をすると食料が安く入手できる上、食生活も豊かになり、不要になった物も無駄なく処分できます。窓拭きや芝刈りなどの家事手伝いと引き換えに、食料や日用品を提供してくれる人がいるかもしれません。
    • 交換に出せる物を探しましょう。隣人に無くて、自分にあるものを考えます。家庭菜園の野菜、近所の人に重宝がられるスキル、自家製のジャガイモや手摘みのベリー、壁塗りやベビーシッターの仕事、犬の散歩などを提案し、自分で栽培できない果物と交換しましょう。
    • 取引は、双方が利益を得られて初めて成功と言えます。要求は公正でなければなりません。1時間のベビーシッターは新鮮なリンゴ5キロ分の価値があるでしょうか、それとも3キロぐらいでしょうか。
  5. 5
    食べ物を育てます。 家庭菜園の醍醐味は、自分の庭で食べ物を栽培できる点です。経済的にも個人の趣味としても満足が得られます。都会や郊外でも野菜や果物を育ててみましょう。家庭菜園だけでは食料を完全に賄えないとしても、自分の庭で育つ食べ物は、販売されている青果に比べて健康的で安価です。
    • 地元で育て易い野菜や果物を見つけましょう。近くの農家を訪ねてアドバイスをもらったり大規模に野菜作りをしている人から話を聞いたりして、自分の庭に適した野菜や果物を選びましょう。天候や土の質によって、育つ野菜や果物の種類が違います。
    • 温室を造りましょう。木の枠に使用済みのごみ袋をかぶせるだけで、雪が降るような寒さでも、ジャガイモ、芽キャベツ、大根などの丈夫な野菜が育ちます。
    • 近所の人に庭の共同利用を提案してみましょう。広い庭を提供して共同で農作業を行うと、自身の作業時間が減るとともに食生活が豊かになり、新しい友情も芽生えます。
  6. 6
    家の近くで家庭菜園用の堆肥を作りましょう。食べられなくなった物を畑に埋めます。土地が肥沃になり、果物、野菜、穀物を育てるのに絶好のコンディションになります。
    Advertisement

5の方法4:
その他のニーズを満たす

  1. 1
    物々交換について習います。Freegle[11]、Freecycle[12]、 Streetbank[13]に代表されるオンラインコミュニティーでは、無料提供の物品やスキルの一覧を掲載しています。単に不要になったという理由で出されている物や、スキルと引き換えに提供された物もあります。
    • 処分したい物を選別しましょう。「ある人にとってのゴミは別の人にとっては宝」です。靴や時計は捨てたりEbayで売ったりせず、必要な物との引き換えを検討しましょう。
    • 作業との交換もできます。 家の修理が必要な場合、自分の時間やスキルを必要としている人を見つけて修理を頼んでみます。
  2. 2
    洗面用具を作ります。庭にソープワートを植えて、石鹸とシャンプーを作りましょう。歯磨き粉は重層か塩で作れます。
  3. 3
    ゴミ箱で必要な物を探します。お金を使わない生活に役立つ物が、ゴミ箱で見つかる場合があります。新聞はトイレットペーパーとして使えます。[14]「販売期日」を過ぎた制汗剤や衛生用品などのパーソナルケア用品は、安全性に問題がなくても人によっては処分してしまいます。
    • 食べ物を廃棄する店やレストランがたくさんあります。 肉、乳製品、甲殻類、卵などが含まれている場合は、拾ってはいけません。 腐った匂いのする食べ物も避けましょう。 パン、缶詰、チップなどのパッケージ製品は、凹凸があったり破れていたりせず、きちんと包装されているのを確かめましょう。[15]
    • ゴミ箱には、破損したガラス、ネズミ、生物学的廃棄物などの危険物があることに注意しましょう。ゴミ箱で物探しをする場合は、ゴム手袋やブーツ、懐中電灯などを用意しましょう。[16]
    • 「侵入禁止」のサインがある地域のゴミ箱は避けましょう。近づくと違法行為として逮捕されるかもしれません。危険を冒す価値はありません。
  4. 4
    コミュニティーで物々交換を主催します。使わなくなったけれども状態の良い物がいくつか残っている場合は、「物々交換会」を計画しましょう。 友達や隣人に声をかけて、不要になった物を持ち寄ってもらいます。クレーグリストやフェイスブックといったソーシャルメディアやポスターを使って告知しましょう。[17]
    • 不要になったベビー服やおもちゃなどを処分するのに便利です。読み終えた本と交換に読みたい本を手に入れたり、余分なリネンやタオルを提供して必要な物を手に入れたりします。
  5. 5
    自分の洋服を作ります。裁縫セットや生地を譲ってもらえるか、物と引き換えに裁縫を教えてもらえるかを交渉してみましょう。また、生地として使えそうな布、タオル、シーツなどを見つけましょう。手芸用品店も訪ねてみましょう。余り布を譲ってくれるかもしれません。
    • 穴や裂け目、擦れた部分を直しましょう。着なくなった衣服の生地を取っておき、継ぎ当て用に使います。
  6. 6
    専門技術を交換します。物品や作業だけではなく、専門技術も交換できます。地元で専門技術を教え合うグループ活動を主催しましょう。地域住民にとって、身に着けたいスキルを習得する機会になります。また、活動を通してお金を使わずに友達作りもできます。[18]
    Advertisement

5の方法5:
交通手段を検討する

  1. 1
    車を売るか物々交換に出します。車があると、お金を使わない生活はほぼ不可能です。ただし車の点検や整備、ガソリンなどを労働や物品と引き換えに提供してくれるサービスが近くにある場合は例外です。
    • 相乗り通勤ができるかどうかを調べましょう。相乗り通勤を条件に、報奨金を与える自治体があります。どうしても車が手放せない場合は、検討する価値があるでしょう。また、ガソリン代や車の維持費を一緒に負担してくれる人を見つけて通勤するという選択肢もあります。
  2. 2
    地域の住人に相乗りの提案します。通勤通学などで毎日車を使う人がたくさんいます。出かける必要がある時には、食料や作業の手伝いと引き換えに車で送ってもらえないかと聞いてみましょう。
    • 「Liftshare」「Ridester」「Carpool World」などのウェブサイトを利用して、地元でカーシェアリングや相乗りができるかを調べましょう。
    • 遠方への移動にはヒッチハイクも選択肢の1つです。ただし、 一人旅には危険が伴うので、十分に注意しましょう。[19]
  3. 3
    自転車を利用します。遠方や歩いていけない場所には、自転車を使いましょう。自転車は、環境にやさしい移動手段です。健康維持にも最適です。
    • 自転車の前部と後部に籠を取り付けて、食料などを運びましょう。
  4. 4
    健康維持を心がけます。お金をかけない生活には、歩くのが最も手軽な交通手段です。健康体であれば、1日に少なくとも30キロは移動できます。ただし、ウォーキング用の靴を履き、水分をこまめに取り、十分な食べ物を用意して出かけましょう。
    • 寒さの厳しい時期には、緊急時の代替策を考えておきます。軽い吹雪から猛吹雪に変わることがあります。自宅から10キロ程離れた場所での天気の急変は、緊急事態を招く可能性もあります。友人と一緒に行くか、自分の居場所と帰宅時刻を常に誰かに知らせておきましょう。
    Advertisement

ポイント

  • ゆっくりと取り掛かりましょう。 これまでの生活で家賃を払い、定期的に服を買い、車を運転し、9時5時のオフィスワークをしていた会社員が、即お金をかけない生活に移行するのは至難の技です。まずは、レストランでの食事をやめて友達との時間を楽しむ、買い物に行く代わりに散歩に出かけるなどして、お金をかけずに得られる充足感を味わいましょう。
  • 気の合う仲間と一緒に生活しましょう。仲間がいると、お金を使わない生活への移行が比較的スムーズにできます。協力し合って作業を行い、それぞれが得意分野のスキルを発揮し、問題が発生してもグループで一丸となって解決できます。生活共同体に参加するにせよ、趣味や目的を共有する友達との生活を始めるにせよ、お金を使わない団体生活は、充足感が得られるだけでなく実質面でも有益です。
  • 温暖な場所に移住しましょう。農業、家庭菜園、屋外やシンプルな手作り住宅での生活は、年間を通して温暖な場所の方が簡単で便利です。
Advertisement

注意事項

  • 定期的に栄養摂取量を確認し、バランスのとれた食事と健康維持を心がけましょう。
  • 小さな子供や高齢者は、食中毒にかかり易く、極端な気温の変化や厳しい労働作業への適応力があまりありません。危険な状況を作らないように十分に注意しましょう。
  • ヒッチハイク、自然の中での生活、長時間の歩行には危険が伴います。十分な安全対策をしましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む21人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement