お酢で髪の毛を柔らかく艶やかにする方法

共同執筆者 Laura Martin

お酢が髪の毛をなめらかに、そして艶やかにするというのは何世紀も前に発見された事実です。お酢と水を混ぜ合わせて使用することで、髪の毛のキューティクルをなめらかにし、汚れをしっかりと取り除くことができます。シャンプーの後に米酢やリンゴ酢を使用して手触りの違いを実感しましょう。

2の方法1:
シンプルなリンスを作る

  1. 1
    お酢と水を混ぜる お酢の原液は髪の毛に使うには強すぎるため、水で薄めることが重要です。一度の使用に1/3カップのお酢と1/3カップの水で十分です。
    • 髪の毛の油分が多い方はお酢を大さじ一杯分多めに入れると良いでしょう。髪の毛が乾燥している方やフケの気になる方は水を大さじ一杯分加えましょう。
    • カーリーヘアの方や、毛染めをしていたりパーマをあてている方は更に薄めて使用しましょう。水2〜4に対してお酢1の割合です。
    • 使用するお酢は米酢でもリンゴ酢でも構いません。ただしリンゴ酢の方が比較的匂いが弱いため、お風呂で使用するにはそちらを好む人が多いかもしれません。[1]
  2. 2
    普段通りシャンプーをする まず普段通りシャンプーをします。可能であればぬるま湯もしくは冷たい水で洗い流しましょう。温かいお湯を使うと、髪の毛が重くなったり広がったりしがちです。水で洗い流すことで髪の毛がまっすぐになり、艶やかな見た目になります。
  3. 3
    コンディショナーはしない 酢リンスを使用するので、シャンプーの後にコンディショナーを使う必要はありません。このお酢リンスこそが髪の毛を柔らかくなめらかにします。
  4. 4
    酢リンスを髪の毛になじませる ゆっくりとリンスを頭皮に注ぎ、頭頂部全体に広げます。指でマッサージをしながら毛根から毛先までじっくりとなじませましょう。
  5. 5
    5~10分待つ 時間を置き、髪の毛全体にリンスを染み込ませます。その間に他のことを済ませてしまいましょう。
  6. 6
    冷たい水で洗い流す 表面に残ったお酢を水でさっと洗い流しましょう。お酢の匂いは髪の毛を乾かすと消えるので、完璧に落とし切る必要はありません。
  7. 7
    普段通り髪の毛を乾かす 自然乾燥させてもドライヤーで乾かしても構いません。乾かし終わると髪の毛がしっとりと柔らかく仕上がり、お酢の匂いも消えます。
  8. 8
    週に1、2度の頻度で使用する 効果が得られれば、髪の毛を洗う度に酢リンスを使いたくなるかもしれません。しかし、お酢を頻繁に使いすぎると髪の毛の乾燥を招くことがあります。溜まった頭皮の汚れを落として髪の毛の輝きを取り戻すために、週に1、2度の頻度で使用しましょう。[2]
    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師

    認定美容師のローラ・マーティンさんからのアドバイスです。「超くせ毛でも、週に一度蒸留酢でリンスをすれば、つやつやの髪になります。アフリカ系の人や特にくせが強い髪質の人には酢が最適です。酢にはふけを落とし、髪を優しくきれいにする働きがあります。しかし、くせ毛の人は水と酢の比率を2:1(上述の1:1ではなく)にすることをお勧めします。ただし、乾燥を防ぐため週に1回以上は使用しません。

    広告

2の方法2:
特別仕様の酢リンスを作る

  1. 1
    大さじ一杯分のハチミツを加える ハチミツには洗浄効果と保湿効果の両方があるため、酢リンスに加えると大変効果的です。髪の毛が乾燥気味の方には特に抜群の効果を発揮するでしょう。またハチミツの匂いがお酢の強い匂いをかき消すという利点もあります。ここではハチミツ入り酢リンスの作り方を紹介します。
    • ハチミツを溶かしやすくするため、お湯で酢リンスを作ります。蓋つきの容器にお湯とお酢を注ぎましょう。
    • 大さじ一杯のハチミツを加え混ぜます。
    • 使う前に蓋をしっかりと閉じて振ります。
  2. 2
    なめらかな髪の毛を手に入れるため、卵白を使用する 卵白もお酢と同様に、汚れを落として髪の毛を綺麗に見せる効果があります。せっかくお酢を試すのならば卵白も一緒に試してみましょう。お酢が手元にない場合は、代わりに卵白を使用することもできます。以下は卵白を使ったリンスの作り方です。
    • 普通の酢リンスと同様にお酢と水を混ぜ、蓋つきの容器に入れます。
    • 卵一つを黄身と白身に分け、白身のみ容器に加えます。髪の毛が乾燥していると感じる方は、毛先に黄身をなじませると、しっとりとした仕上がりになります。
    • 蓋をして、使用する前によく振って混ぜます。
  3. 3
    髪の毛に潤いを与えるため、オイルを少量使用する 髪の毛のひどい乾燥に悩んでいる方は、お酢リンスをする前に少量のオイルを毛先につけてマッサージすると良いでしょう。以下のようなオイルを使用しましょう。
    • ココナッツオイル(小さじ1/2~1杯)
    • アーモンドオイル(同上)
    • オリーブオイル (同上)
  4. 4
    ハーブの香りを加える お酢の匂いがどうしても好きになれず、お酢リンスがなかなか使用できないという方は、ハーブを一緒に使用してみましょう。ハーブは優しい香りでお酢の強い匂いをカバーし、リンスとしても使用しやすくなります。その方法がこちらです。[3]
    • 上記の要領で酢リンスを作り、小鍋に注ぎます。
    • ラベンダー、ローズヒップ、セージ、ミントやローズマリーなどのお好みのハーブを大さじ一杯分加えます。
    • 10分間火にかけます。
    • ハーブを取り除き、冷ました後に使用します。
  5. 5
    エッセンシャルオイルを加える ハーブの他に、エッセンシャルオイルもお酢の強い匂いを抑えるのに効果的です。エッセンシャルオイル自体がそれだけで髪の毛の保湿に大変効果があります。お酢と水に下記のようなエッセンシャルオイル5~10滴を加えて混ぜます。
    • ラベンダー:鎮静作用があり、スキンケアやヘアケア商品によく使われています。
    • ティーツリーオイル:フケを抑え、爽やかな植物の香りがします。
    • レモングラス:香りが強く、お酢のきつい匂いを抑える効果があります。
    広告

ポイント

  • 酢リンスを霧吹きに入れてお風呂場に常備しておけば、浴室の壁にこびりついた石鹸かすの掃除にも使用できます。
広告

注意事項

  • 酢リンスが目に入ると痛むため、気を付けましょう。
  • お酢は原液を使用するのではなく、必ず水で薄めましょう。
広告

必要なもの

  • 米酢もしくはリンゴ酢
  • ハチミツ、卵白、ハーブ、エッセンシャルオイルなど(お好みで)

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告