お父さんを喜ばせる方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

誰でもお父さんと健全な関係を築きたいと思っていることでしょう。お父さんを満足させることができれば、自分のことも大事に扱ってくれるでしょうし、幸せな気持ちになるはずです。[1]お父さんを喜ばせるのが難しい場合もありますが、健全な家族関係を保つためには重要なことです。お父さんとどう接するか、人生において何をするかに焦点を当てることで、幸せな家族関係を築くことができるでしょう。

パート1(全3パート):お父さんと仲良くする

  1. 1
    一緒に時間を過ごす 学校生活が忙しく、お父さんにも仕事がある時は特に、一緒に過ごす時間を確保するのが困難なこともあるでしょう。なんとか努めて共に過ごす時間を作り、自分の意見や考えを共有すれば、お父さんとの絆が深まるはずです。最低でも1日1回は一緒に食事をするようにしましょう。その日の出来事、あるいは心配事や重要なことを話したり議論したりするのに良い機会となります。お父さんの方からも話を共有してきたら、真摯に聞いている態度を見せて、後でそれについて尋ねる等しましょう。
    • お父さんの人生について知る 時間をとって、お父さんの青年時代、夢、仕事、楽しかった思い出などについて尋ねてみましょう。そうした話は、自分自身が年を重ねる上での宝物となります。また、お父さんの価値観を理解するのに役立つかもしれません。
    • 純粋な好奇心で話を聞きましょう。真摯に聞くことで、関心がある様子を見せ、お父さんと繋がりが深まりやすくなります。
  2. 2
    口論を避ける お父さんの言うことに賛成できなかったり、どうしても欲しいものがあるのにお父さんが許可してくれない時などは特に、言い返さずにはいられないかもしれません。そうした場合は、自制心を働かせ、穏やかになるまで待ってから議論しましょう。憤りを感じたら、ゆっくり深い呼吸をして自分を落ち着けます。できれば、座って水を飲むと良いでしょう。そうすれば、落ち着きやすくなるはずです。[2]
    • 常にお父さんの視点を理解できるように努めましょう。何かをやらせてくれない、または、自分と異なる考え方をしているのは、お父さんなりの正当な理由があるのかもしれません。制約として自分の目には映っても、それがお父さんなりの保護の仕方なのかもしれません。
    • お父さんの機嫌が悪い時は、その理由を考えてみましょう。疲れているのでしょうか?その日仕事が忙しかったのでしょうか?何かにストレスを感じているのでしょうか?自分のせいで機嫌が悪いのではないのかもしれません。
  3. 3
    助言を求める 学生であれば学業や友人関係について、就職している、あるいはこれから就職する人であれば、金銭的な問題について、お父さんに助言を求めてはどうでしょうか。そうすれば、お父さんの意見を重要視していると示すことができます。お父さん自身が経験したことのない状況であっても、どう対処すべきか、あるいはどうすればその対処法が分かるか、助言してくれるかもしれません。
  4. 4
    愛情表現をする お父さんへの愛を示しましょう。思いやりのある言葉やあたたかい口調で話しかけ、ハグなどで愛情を示しましょう。なかには、愛情べったりな接し方を嫌うお父さんもいるでしょうし、愛情を体で表現をすることに違和感を感じる人もいるでしょう。しかし、思いやりのある体を使ったコミュニケーションは、人間の基本的欲求であることを知っておきましょう。[3]
    • 男子は特に、親への愛情表現を避ける傾向があります。[4]自分が楽にできる範囲内で行いましょう。公共の場でお父さんにハグするのが嫌なら、無理してする必要はありません。
  5. 5
    お父さんに教わった価値観を行動に移す 自分が考えるお父さんの価値感についてリストを作りましょう。「常に真実を語りなさい」、「最善を尽くしなさい」等、お父さんはどんな言葉を繰り返し口にするでしょうか。そうした言葉には、お父さんが教えようとしている価値観が現れています(この場合は、誠実さと努力の重要さ)。常に言葉にして伝えるタイプのお父さんでなくても、自分の主義について改めて話してくれたことがあったかもしれません。お父さんの生き方について考えてみましょう。お父さんは、時間を守るために最善を尽くす人ですか?または、いつもきちんとした身なりに気を配る人でしょうか?そうした価値観に従って自分の人生を送ってみましょう。
    • お父さんの言動全てに同意する必要はありません。自分の人生にポジティブな影響を与える価値観は何か考えてみて、それらを実行に移してみましょう。お父さんのやり方に同意できない場合は、話し合ってみましょう。一緒に取り組めば、そのやり方を変えるためにどんな手助けができるか思いつくかもしれません。
    広告

パート2(全3パート):家事を分担する

  1. 1
    自分の仕事を責任もって行う お父さんにいつも頼まれる家事は何ですか?自分が責任を担っている家の仕事があれば、必ず行いましょう。つまらない、または難しいという理由から仕事を請け負いたくないのなら、どうすればやりやすいか、お父さんにコツを尋ねましょう。別の取り組み方を考える手助けをしてくれるかもしれません。
    • 助言を求めることで、お父さんの意見に価値を置いていることを示せます。[5]助言をもらったらそれに従いましょう。どうすれば良いか尋ねておきながら、自分のやり方で行ってしまえば、意見を軽視されていると思われかねません。
    • お父さんに、なぜまだ仕事を終わらせていないのか、と尋ねられる隙を与えないようにしましょう。スケジュールを立てて、きちんと仕事をこなしましょう。決まった時間に仕事をする習慣が身につくまで、携帯電話のアラームでスヌーズ機能を設定しておいて、特定の仕事を始める時間が分かるようにしておきましょう。
  2. 2
    率先して行う 誰にも頼まれていないし、自分の責任ではないけれど、家庭内でやるべき仕事に気付いたら、率先して行いお父さんを驚かせましょう。もう何ヶ月も誰も手を付けずに溜まっている仕事がないか考えてみましょう。また、お父さんの日課は何でしょうか?例えば、出勤前にコーヒーを飲むのが好きなら、時々入れてあげるのはどうでしょう。お父さんに思いやりを示せます。
    • 同居している他の家族に配慮しましょう。特に、リビングルームや台所などを使用する際は、汚いままにして、後で他の人に片付けさせることのないようにしましょう。
  3. 3
    自分の部屋を片付ける 散らかった部屋というのは、よく親の不満の対象になります。[6]他の家族と共有しない自分だけのスペースであっても、清潔、整理整頓を心がけることで、自分のものは自分で管理する責任が持てることを示しましょう。
    • 服を畳んだりハンガーにかけるなどして、クローゼットの中を片付けておきましょう。洗い物は洗濯かごに入れ、朝起床したらすぐに寝床を綺麗にしましょう。
    • 自分の部屋にポスターなどを貼りたければ、お父さんが部屋に入ってきても恥ずかしくないようなものにしましょう。
  4. 4
    インターネットや携帯電話は責任を持って使う それらの料金をお父さんが支払ってくれている場合は特に重要なことです。自分で料金を払わずにインターネットや携帯電話が使えるのは、権利ではなく特典です。お父さんが自分のために支払っている金額と教えてくれた価値観に敬意を払う必要があります。
    • 電子機器の使用制限についてお父さんと話し合いましょう。夜何時までパソコンを使ってよいか、またはインターネットに投稿してもよい事柄は何か、お父さんの指針に従いましょう。
    • お父さんや他の家族に配慮して、食事中に電子機器を使用するのは避けましょう。家族で共に過ごす時間を大切にしていることを示すことが重要です。
  5. 5
    兄弟姉妹の面倒を見る 帰宅するお父さんのために、家の中を穏やかで、快適で、温かい環境にしておきましょう。兄弟姉妹と仲良くできるように最善を尽くしましょう。妹や弟をいじめたり、お兄さん、お姉さんを困らせてはいけません。宿題の分からないところや、抱えている問題の解決を手助けして、一緒に楽しめることをしましょう。運転免許と車がある人は、兄弟姉妹を車で必要な場所へ送迎する手伝いを買って出ると、お父さんに喜ばれるでしょう。
    • 兄弟姉妹と時々けんかになるのは当然のことですが、[7]仲良くできるように最善を尽くすことが大事です。
    広告

パート3(全3パート):学校での素行を良くする

  1. 1
    しっかり勉強する 学業で成果を出すことで、人生で成功を収めたい意欲があることをお父さんに示しましょう。どんな宿題も全力を尽くし、期限内に終わらせられるように努めます。分からないことがあれば、先生に再度説明をお願いしたり、理解できるように更に教材を求めたり、友人に説明してもらう等すると良いでしょう。
    • 勉強のスケジュールを立てる 宿題にどれくらい時間がかかるか見積もって、それに応じて午後と夕方の計画を立てます。見直しや休憩に当てる時間もスケジュールに加えましょう。
    • 45分間集中して勉強したら10分間休むという計画を立てます。勉強中は、教科書や教材だけに集中できるように携帯電話の電源は切ります。その他、集中の妨げとなるものは回避しましょう。様々な勉強法[8]を試して、自分のスタイルを見つけましょう。
    • 家の中で勉強に適した静かな部屋を見つけましょう。自分だけの場所を持つことは重要です。
    • フォルダーや筆記用具は整理整頓を心掛けます。勉強科目はファイリングしておきましょう。宿題には全て氏名と日付を書いてそれに応じてファイリングしましょう。
  2. 2
    先生と良好な関係を築く 良い評判を確立しましょう。先生には常に礼儀正しく、授業に積極的に参加することでしっかり学ぶ意欲があることを見せましょう。先生のことが嫌いだったり、授業中に騒ぐ友達がいたりする場合、先生に礼儀正しく接するのが難しいこともあるでしょうが、[9]素行を正すことで他の生徒に手本を示しましょう。先生に褒められたと聞けば、お父さんは誇りに思うことでしょう。
    • ただし、先生が成すこと全てに同意しなければならない訳ではありません。先生が生徒をいじめていたり、自分や他の生徒に対する振舞いに懸念があれば、その問題は校長先生に持ち掛けるべきです。必ず親にも伝えて、今の学校生活の様子を知らせておきましょう。
  3. 3
    課外活動に参加する 好成績を目指すのは何も学業に限ったことではありません。課外活動に参加すれば、多方面に活躍できる人として成長することができるでしょう。興味をそそる活動に参加し、それを楽しむと同時に、自己鍛錬、リーダーシップ、チームワーク、時間管理能力、分析力、対人スキル、組織の構成など、生きる上での重要なスキルを学べるでしょう。[10]こうしたスキルは、人生で成功するために必要なものです。どんな親も、子供が人生で成功する様子を見たいものです。[11]
    • 課外活動の経験は、大学への願書や履歴書に書く良い材料にもなります。大学や雇用者が求める好奇心や価値観を持っていることをアピールできるからです。
  4. 4
    良い友達を作る 人を見る目があることをお父さんに知ってもらいましょう。学校で優良な生徒と友達になるのは良案です。他の生徒や先生からの評判が良かったり、クラスで優秀な成績を収めていたり、トラブルとは無縁で性格の良さそうな生徒を探して友達になりましょう。彼らから学べることがあるでしょうし、そうした生徒と友達になることで、自分もトラブルに巻き込まれにくくなるでしょう。[12]望むなら、彼らと勉強グループを作ることもできます。
    • 友達がしているからという理由だけで、自分も同じことを行うのは絶対に止めましょう。自分の行動について十分に考えてみることが重要です。仲間からのプレッシャーという問題に悩まされている場合は、お父さんかスクールカウンセラーに相談しましょう。
    広告

ポイント

  • お父さんの誕生日には単に贈り物をするのではなく、いつも以上に精を尽くしてお祝いをしてあげれば、きっとお父さんは喜んでくれるでしょう。
広告

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告