首を鳴らす方法

背中や首を一定の方向に動かすときに鳴る音は、発生してすぐに破裂する気泡といわれますが、これ自体には害はありません。首を鳴らすことで一時的に楽になります。ただ、調整するにはほとんどの場合、カイロプラクターなど資格をもった施術者に任せるのが一番です。

自分で首を鳴らすと意図しない重篤な結果をもたらすこともあるということにご留意ください。[1] 首を鳴らすと、椎骨動脈内膜に小さな傷がつくことがあり、結果的に脳卒中を引き起こす恐れがあります[2][3] 。民間療法を行う前には、こうした危険性を理解しましょう。

6の方法1:
拳で支える
編集

  1. 1
    握り拳をつくる 
  2. 2
    やや右側のあごに拳を当てる 
  3. 3
    左方向に押す 首が鳴る音が聞こえます。
  4. 4
    開いた手のひらをあごの下に当て、右方向に押して反対側を鳴らす 
  5. 5
    音が鳴ることを確認する 鳴らない場合、反対側を鳴らしてみてからもう一度試しましょう。
    Advertisement

6の方法2:
頬杖をついて手を伸ばす
編集

  1. 1
    左手で頬杖をついて、首の左側を鳴らす 手であごを支え、指が左頬にあたるようにします。
    • 鳴らす前に、首が伸びてほぐれるよう、首を揉んだりマッサージを受けたりするほか、首によいストレッチを数種類行うこともいいでしょう。
  2. 2
    右手を頭の後ろに回す 左耳の後ろの髪をしっかりおさえます。
  3. 3
    頭を回す 両手で押さえた頭を優しくかつしっかりと時計と反対周りの方向に回します。手のひらであごを左回りに押しながら、右手で反対の方向に引っ張って回します。やり過ぎない程度に首の筋肉が完全に伸びるまで行います。
    • 首の筋肉が張っているほど連続して音がなることがよくありますが、連続して鳴らすためには首の片側を十分に伸ばしきる必要があるかもしれません。これは、通常、指関節を鳴らすために、親指やその他指の関節を十分に伸ばしてからさらに少し押して関節の空洞現象(クラッキング)をおこさせるのと同じことです。全部まとめて鳴らしきるには、ほんの少し余分に力を加えます。
  4. 4
    反対にして、首の右側を鳴らす 右手で頬杖をつき、左手で右耳の後ろの髪を押さえ、時計回りに回します。
  5. 5
    首を上から下まで簡単にかつコントロールしながら伸ばす 硬くなった首を伸ばすのに必要なだけ力をいれます。この方法を試しているときは、首を痛めないように気をつけてください!!痛みを感じたら中止してください。
    Advertisement

6の方法3:
顔を上げる
編集

  1. 1
    こりが首の後ろ(首の骨の右または左)にある場合、首の骨をゆっくりと押す ただし痛めないように注意してください!
  2. 2
    頭を後ろに倒す 首の左が辛い場合は、顔を右に回します。首の右が辛い場合は、顔を前後に回しながら左に回し、徐々に肩に顔を近づけます。
  3. 3
    円を描くように顔を回しながら首の筋肉をほぐし続ける 辛い部分は入念に行いましょう。
  4. 4
    痛みを感じたら、すぐに中止して首を揉む 首の張りが完全にほぐれると、音が鳴るのを感じるはずです。
    Advertisement

6の方法4:
ストレッチ枕
編集

  1. 1
    小さめのしっかりとしたウレタンなどでできたロール型枕を床に置いたら仰向けになり、首を枕にのせて楽にする 
  2. 2
    静かに背中とおしりを持ち上げたら、枕の上で首を前後に転がしはじめる 背中を反らせたままで、首全体と腰の上で枕を動かします。
    • 首を固定させる必要がある場合、枕の上で動かすときに、頭の後ろで腕を組みます。
  3. 3
    時々、枕を背中の方まで動かす 
  4. 4
    背中を反らせたまま枕で首周りを伸ばす できる限りリラックスしたまま行いましょう。
  5. 5
    音が鳴り、鳴ったことを感じられるまで枕の上で首を動かす 
    Advertisement

6の方法5:
首を鳴らすと何が起きるかを理解する
編集

  1. 1
    音が鳴るのは、間接液の気泡が放出されたサインであることを理解する 指関節や背中や首を鳴らすと、関節包がひっぱられ、酸素や窒素、二酸化炭素を放出させます。[4] これにより、気泡が発生し、その後破裂します。気泡が破裂するときに、私たちが関節が鳴る音と認識している音が出ます。
  2. 2
    関節を鳴らしても関節炎にはならないことを知る 関節、特に首を鳴らすことによるその他の健康上のリスクはいくつかありますが、関節炎は当てはまりません。ドナルド・L・アンガーは自ら片方の手の関節だけを30年間鳴らしつづけることにより、関節を鳴らすことが関節炎を起こすという主張に疑問を投じました。[5]
  3. 3
    背中や首を鳴らすことで楽になっても、一時的なものであることを理解する 首、肩、背骨の辺りを楽にするために、繰り返し首を鳴らす必要がある場合、おそらく治療が必要なもっと深い問題があります。上述の方法で関節を鳴らしてその時楽になってもそれはあくまで「一時的なもの」でしかありません。
    • もっと頻繁に鳴らさなければ今までと同様に首周りを楽に感じられなくなる人がよくいます。首を鳴らすと、周辺の靭帯を伸ばし緩めてしまう傾向にあります。[6] 緩んだ靭帯は頭の重さを十分に支えられなくなり、もっと痛みを感じるようになります。
  4. 4
    関節を鳴らすことで必ずしも背骨を調整できるわけではないことを理解する  多くの人は、関節が鳴ると、背骨が調整されたと誤解しますが、必ずしも調整されるわけではありません。(ほとんどの場合、調整されていません) 背骨を調整するには、資格をもった理学療法士やカイロプラクターにお願いしましょう。
  5. 5
    家庭での処置の効果や、痛みやこりの根本的な症状に疑問を抱いている場合は、診察を受ける  用心するに越したことはありません。首を鳴らすことで多くの健康上の問題を引き起こすことがあります。
    Advertisement

6の方法6:
頭を傾ける
編集

  1. 1
    頭を横に傾ける 
  2. 2
    首を楽にして傾けた方向に首を下ろす 首が鳴る音が聞こえるはずです。
  3. 3
    鳴らない場合、傾けているのとは反対方向に押しつける
    Advertisement

ポイント編集

  • 頻繁に首を鳴らしたい衝動にかられる場合、通常は、不快に感じる理由がありますので、医師やカイロプラクターに相談してください。単に症状を緩和するより、問題をなおしたほうがよいでしょう。
  • 頭を横、後ろ、前に傾けて首をストレッチするようにしましょう。絶対に首をぐるぐると回さないでください。首をひどく痛める恐れがあります。
  • 首を損傷する可能性がある痛みがある場合はすぐに止めてください。
  • 怪我をしないように気をつけましょう。
  • 人によっては右の首を鳴らすのが非常に難しいかまたは全くできないことがあります。
  • 実践中は、マッサージをするように手をしっかり握りましょう。
  • 動きに対する体の反応に応じて加える力を調整しましょう。不快に感じる場合、握った手を緩めてください。ほぐれた感じがしない場合は、肌により強く押し付けてみてください。


関連のウィキハウ方法

How to 吐き気を止める方法

How to 2週間でお腹周りの脂肪を落とす方法

How to お腹まわりの脂肪を取る方法

How to 精子の量を増やす方法

How to HIV感染を見分ける方法

How to 女性用コンドームを使う方法

How to お酒の酔いを早く覚ます方法

How to 傷跡を消す方法

How to 賢くなる方法

How to いぼを除去する方法

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ