早く結膜炎を治す方法

結膜炎は「はやり目」とも言い、アレルギーや感染によって引き起こされる不快な目の症状です。体が持つ天然治癒力で自然に治ることもありますが、結膜炎の種類によっては回復を早める方法があります。ここでは結膜炎を早く治す方法をご紹介します。

3のパート1: 結膜炎の基礎を知る編集

  1. 1
    結膜炎の種類を判断する 結膜炎の原因にはウイルス、細菌、アレルギーがあります。どのタイプの結膜炎も目が赤くなる、涙目になる、痒みがあるなどの症状を伴いますが、それ以外の症状は結膜炎の種類によって異なります。[1]
    • ウイルス性の結膜炎は片目だけ、あるいは両目に感染します。このタイプの結膜炎の特徴は光に敏感になることです。ウイルス性結膜炎は感染しやすく、治療も難しくなります。通常は自然に治るのを待ち、完治までに1~3週間ほどかかります。ウイルス性結膜炎は合併症を抑えることが主な治療です。
    • 細菌性結膜炎にかかると、ネバネバした黄色や緑色の膿が目の角に出ます。重度になると、膿で瞼が閉じたまま目を開けられなくなることもあります。細菌性結膜炎は片目だけ、あるいは両目に感染し、医師による治療を必要とします。自然治癒も可能な場合がありますが、抗生物質による治療で完治までの時間がはるかに短縮します。
    • アレルギー性結膜炎には通常、鼻水、鼻詰まりなどのアレルギー症状が伴い、両目に影響が現れます。この結膜炎は感染しません。アレルギー性結膜炎は自宅での治療が可能ですが、重度のアレルギーを持つ人は、症状を早く抑えるために、医師の診断を受ける必要があるかもしれません。
  2. 2
    医師の診察を受けるタイミングを知る 結膜炎にかかったら、正しい対処法を教わるためにも、医師の診断を受けることが望ましいでしょう。結膜炎に他の心配な症状が伴う場合は特に医師の診断を受けるべきです。[2]
    • 中程度から重度な目の痛みを伴う場合や、膿をふき取っても目がよく見えない時などは医師の診察を受けましょう。
    • 目が真っ赤に充血している場合はできるだけ早い段階での治療が必要です。
    • ウイルス性結膜炎に感染した原因が単純ヘルペスウイルス、HIV感染、がん治療などによる免疫力低下である場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。
    • 細菌性結膜炎が抗生物質を服用しても24時間以内に改善しない場合は医師に連絡しましょう。
    Advertisement

3のパート2: 自宅での結膜炎治療編集

  1. 1
    アレルギー治療薬を服用する アレルギー性結膜炎は市販のアレルギー薬で十分に対応が可能です。薬の服用後、数時間から数日で症状が緩和されます。症状がすぐに改善しない場合は細菌性かウイルス性の結膜炎である可能性があります。
    • 抗ヒスタミン剤を服用してみましょう。アレルギー物質に反応すると体はヒスタミンという化学物質を分泌します。この化学物質が結膜炎とアレルギーの諸症状に悪影響を及ぼします。抗ヒスタミン剤はヒスタミンの分泌を抑制、あるいは完全に阻害し、結膜炎の症状を緩和します。[3]
    • 充血除去剤を使用しましょう。充血除去剤を使うことでアレルギーの症状を防ぐことはできませんが、この薬には炎症を抑える作用があります。そのため、目の組織内に起きる炎症を防ぐことができます。
  2. 2
    感染した目を定期的に拭く[4] 目に膿がたまり始めたら、細菌の繁殖を防ぐために、こまめに膿を拭き取りましょう。
    • 鼻梁の横の目頭から拭き始めます。目尻に向かって少しずつ動かし、目全体をそっと拭きます。膿を涙管の近くから拭き取ると安全に目の掃除が行えます。
    • 目を拭く前後には必ず手を洗いましょう。
    • 目は毎回必ず清潔な表面で拭き、再び目の中に膿が入らないように気をつけましょう。
    • 使用済みのティッシュや使い捨てワイプはすぐに処分し、布やハンドタオルなどを使ったらすぐに洗濯しましょう。
  3. 3
    市販の目薬を使う[5] 「人口涙液」は結膜炎の症状を緩和し、目の洗浄に使うことができます。
    • たいていの市販の目薬には、目に優しく涙の代わりとなる生理食塩水が潤滑剤として加えられています。そのため、結膜炎による目の乾きを抑え、ウイルス性、細菌性、アレルギー性結膜炎の長期化や悪化の原因となる物質を目から洗い流します。
    • 市販の目薬のなかには、アレルギー性結膜炎に効く抗ヒスタミン剤が入っているものもあります。
  4. 4
    冷湿布や温湿布をする 肌触りがよく清潔で糸くずの出ないタオルを水に浸します。タオルをしっかりと絞って、閉じた瞼の上にやさしく押し当てます。
    • 冷湿布はアレルギー性結膜炎に適しています。一方、温湿布はウイルス性および細菌性の結膜炎の炎症を緩和し、患部に当てると気持ちよく感じるでしょう。
    • 注意:温湿布は一方の目からもう一方の目へ感染を拡大させる可能性があります。温湿布をする場合は、その都度清潔なタオルを使い、片目ずつ違うタオルを用いましょう。
  5. 5
    コンタクトレンズをはずす 普段コンタクトレンズを着用している人は、結膜炎にかかっている間はコンタクトレンズを完全に外しましょう。コンタクトレンズは目に刺激を与えて結膜炎の症状を悪化させます。また、細菌性結膜炎の原因となる細菌を中に閉じ込めてしまうおそれがあります。
    • ウイルス性や細菌性の結膜炎にかかっている間に一度でも着用した使い捨てコンタクトはすぐに処分しましょう。
    • 使い捨てでないコンタクトの場合は、次に使用するときのためにしっかりと洗浄を行いましょう。
  6. 6
    結膜炎の感染拡大を防ぐ ウイルス性と細菌性の結膜炎はどちらも感染します。他の家族に感染すると、感染源であるあなたが完治した後でも、また結膜炎に感染する可能性があります。
    • 手で目を触らないようにしましょう。手で目や顔を触ってしまったら、すぐにしっかりと手を洗いましょう。目薬をさした後も、必ず手を洗いましょう。
    • 毎日清潔なハンドタオルやタオルを使うことを心がけましょう。症状がある間は枕も毎日取り替えます。
    • 目と接触するものは、他人との共用を避けましょう。例えば、目薬、タオル、シーツ、アイメーク用の化粧品、コンタクトレンズ、コンタクトレンズの洗浄液や容器、ハンカチなどがその例です。
    • 結膜炎が完治するまではアイメイクはしないようにしましょう。結膜炎にかかっている間に使用したアイメイク用の化粧品は処分しましょう。
    • 学校や仕事は数日間休みましょう。ウイルス性結膜炎の場合、患者の多くは症状に改善が見られたら3~5日で学業や仕事に復帰できます。細菌性の結膜炎の場合は、症状が改善したら、あるいは抗生物質投与の24時間後から復帰が可能です。
    Advertisement

3のパート3: 処方薬での治療編集

  1. 1
    処方目薬を使う 市販の目薬も結膜炎の治療には有効ですが、医師が出す処方目薬はさらに強力で、症状の回復が早まることがあります。
    • 細菌性結膜炎は抗生物質を含んだ目薬で治療します。[6] 抗生物質点眼薬は細菌と直接闘う外用薬です。この薬を使用すると結膜炎は数日で完治しますが、使用後24時間以内に効果を実感することができます。使用方法は医師の指示に従いましょう。
    • アレルギー性結膜炎は抗ヒスタミン剤、またはステロイド目薬で治療します。抗ヒスタミン点眼薬には市販のものもありますが、効果の高い薬は処方薬でしか手に入りません。重度のアレルギーがある場合はステロイドを含んだ点眼薬を用いることもあります。
  2. 2
    抗生物質入り眼軟膏剤を使う 抗生物質入り眼軟膏剤は点眼薬より簡単に使えて、特に子供に使用する際に便利です。
    • 軟膏をつけた後は20分ほど目がかすみますが、時間が経つとはっきりと目が見えるようになります。
    • 細菌性結膜炎はこの薬を使うと数日で完治します。
  3. 3
    抗ウイルス性薬品について尋ねる ウイルス性結膜炎の原因が単純ヘルペスウイルスであると医師が疑った場合には、抗ウイルス剤が処方されることがあります。
    • 抗ウイルス性薬品は、免疫機能が低下する他の病気を持つ患者に使用されることもあります。
    Advertisement

必要なもの編集

  • 市販のアレルギー薬
  • 市販の目薬
  • 柔らかいハンドタオル、ティッシュ、目専用の使い捨てワイプ
  • 処方目薬
  • 処方点眼軟膏剤
  • 抗ウイルス剤

関連のウィキハウ方法

方法一日で体重を2キロ減らす

方法咳を治す

方法喉や鼻から粘液を取り除く

方法食欲を増やす

方法脳への血流を増やす

方法熱を下げる

方法鼻づまりを治す

方法下痢を治す

方法リンパ節をチェックする

方法目の腫れを治す

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ