スムージーを作る方法

スムージーは、手軽で栄養のある食事として、また気分をリフレッシュさせるおやつとしてお召し上がりいただけます。そのうえ、作るのが非常に簡単だという利点もあります。基本となるいくつかの材料をブレンダーで混ぜれば、あっという間においしいスムージーが出来上がります。また、自分独自の材料を使った、オリジナルおやつもお楽しみください。

編集2の方法1:
一般的なレシピ

  1. 1
    ブレンダーかフードプロセッサーを用意します。
  2. 2
    フルーツスムージーを作るときは、まず最初に果物を用意します。新鮮な果物か冷凍果物がおいしいスムージーを作る味のベースとなりますが、缶入り果物や戻したドライフルーツでもおいしいスムージーを作ることができます。果物は一種類だけを使うことも、数種類を一緒に使うこともできます。(自分の好きな果物の組み合わせを考えるのは、スムージーを作る楽しみのひとつです。)いくつかの組み合わせをご紹介しましょう。
    • 桃、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、バナナ、リンゴ、キウイフルーツ、マンゴ、アボカド、ザクロがよく使われる果物です。
    • オレンジ、スイカ、パイナップルなど、水分を多く含む「ジューシー」な果物もスムージーに使いやすい果物です。ただし、これらの果物を使うと、水分の多いスムージーに仕上がります。仕上がりの硬さはプロテインパウダーなどを使って調整してください。
    • まず最初はおいしい組み合わせのスムージーを作りたいという方は、イチゴバナナかラズベリーピーチをお試しください。
  3. 3
    水分を加えます。どのような種類の水分を加えるかがスムージー作りのもう一つの重要なポイントになります。では、いくつかご紹介しましょう。
    • よく使われるのは牛乳(スキムミルクもしくは全乳)です。
    • 乳糖不耐症の方やタンパク質を加えたい方は豆乳をお使いください。
    • ギリシャヨーグルト(有糖または無糖)を使うと、硬めのスムージーに仕上がります。
    • ナッツ類から作るミルク(アーモンドミルクかココナツミルク)を使うと、スムージーの味に変化を加えられます。
    • お茶(紅茶、ハーブティー、チャイ)と組み合わせると、抗酸化作用と甘さを抑える効果が期待できます。
    • 果物を一種類もしくは二種類しか加えない場合は、果汁や濃縮還元飲料(お好みの味)を使うとスムージーにより深い風味が加わります。(ただし、食事としてスムージーを召し上がる方には、砂糖をたっぷり含んだジュースはお勧めできません。)
    • アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルト(おそらく、これらを加える時は氷を加える必要はありません。)
    • 炭酸水を加えると、軽いスムージーに仕上がります。(ライムかレモン風味でお試しください)
    • 手元に何もないときは水でも十分においしく仕上がります。
  4. 4
    タンパク質を加えます(お好みで)。実際の食事に近いスムージーを作りたい時はプロテインパウダーを加えます。ホエイプロテインとソイプロテインが人気ですが、発芽玄米を使うこともできます。
  5. 5
    葉野菜を少し加えます(お好みで)。気づかない程度の葉野菜をわずかに加えることで、より健康的なスムージが出来上がります。ケールやほうれん草は混ざりがよく、スムージーに混ぜてもほとんど味はしません。セロリやビーツもお試しください。また、季節外れの野菜が手に入りにくい時は、粉末野菜を購入してスムージーに加えてください。(粉末野菜は多くの健康食品店で購入可能です。)
  6. 6
    甘味料を加えます(お好みで)。スムージーに十分な甘みがついているかが不安な方は、甘みを加えるのに役立つ食品をお使いください。もちろん、一般的な砂糖をブレンダーに加えることもできますが、砂糖より健康的な選択肢をご紹介します。
    • 完熟バナナ
    • 蜂蜜(市販のスムージーには大量に含まれています)
    • アガベシロップ
    • ステビア(砂糖の代替え品となる自然の甘味料)
    • スプレンダ(人工甘味料)
  7. 7
    スムージーにもう少し風味を加えます(お好みで)。風味に変化を与える働きのあるいくつかの食品をご紹介します。繰り返しになりますが、色々試してお好みの味を見つけて下さい。
    • バニラエッセンス(小さじ1)
    • シナモン(消化を助ける)
    • カイエンペッパー(粉末唐辛子)
    • ナツメグ (ひとつまみ)
    • アーモンドエッセンス
    • ココナッツフレーク
    • ピーナッツバター
    • ヌテラ
    • またはお手元にあるエッセンスのいずれか
  8. 8
    氷を加えます(お好みで)。すべての材料をブレンダーの中に入れたら、その上に氷を何個か加えます。スムージー1杯あたり氷は3−4個です。
    • 水っぽい味になりすぎないか不安な方は氷を1−2個加えて下さい。氷は後から加えることもできます。
    • よりしっかりとした風味付けをする場合は、冷凍果物を氷の一部または全量と置き換えてご使用ください。ご自分で果物を冷凍するか、市販の冷凍果物をご購入下さい。
  9. 9
    材料をすべて混ぜます。ブレンダーの蓋をしたら、ミディアム(中)以下の強度で混ぜます。ブレンダーが果物を「消化」しだしたら、ブレンダーの強度ボタンを一つ上げます。「スムージー」や「シェイク」用のボタンがない場合は「ピューレ」機能でも同様の働きをします。最初はゆっくり始めてください。約一分程度混ぜます。
  10. 10
    氷が混ざったことを確認したら、ブレンダーの電源を切り、そのままの状態で一分間待ちます。冷たく仕上がったお好みのスムージーを、大きなガラスのコップに注ぎます。
  11. 11
    スムージーを飾ります。乾燥ベリー、輪切りにしたレモンやライム、ミントの葉、イタリアンパセリを使って、出来上がったスムージーに楽しさを加えます。南国気分の時は小さな傘の飾りをつけましょう。
    Advertisement

編集2の方法2:
お試しレシピ

  1. 1
    ピーナッツバターバナナスムージーをお試しください。既にご家庭にある材料で出来上がる簡単なレシピです。[1].
  2. 2
    すべての材料をブレンダーに入れます。このスムージーレシピに必要な材料は以下の通りです。
    • バナナ一本
    • ピーナッツバター1/8カップ
    • 豆乳(もしくは通常の牛乳)1/2カップ
    • 蜂蜜大さじ2
  3. 3
    材料が滑らかになるまでブレンダーの中で混ぜます。
  4. 4
    グラスに注いだら出来上がりです!
    Advertisement

編集ポイント

  • 牛乳を加えると、果物の味だけのスムージーに風味が加わります。
  • スムージーを作り終えたら、ブレンダーの中にコップ一杯から二杯の水を入れて「混ぜる」機能を作動させると、瞬時にブレンダーを洗浄できます。
  • ストローを使ってスムージーを飲む予定の方は、果物の皮を剥き、芯を正しく取り除いたかご確認ください。ストローを通らない大きさの果物は目の粗いこし器を使って取り除きます。(最近ではスムージーやシェイク用の太めのストローもあります。)
  • ヨーグルト1/2カップ(ギリシャ風ヨーグルト)かバナナを加えると硬めのスムージーに仕上がりますが、スイカなどの水分の多い果物と一緒に混ぜる時を除いては、どちらか一つだけを加えます。
  • 新鮮な果物が十分に手に入らない時や全く手元にない時は、牛乳かヨーグルト(プレーンまたは風味つき)、フルーツジュース、氷を加えるだけでも十分においしく仕上がります。
  • その他、果物以外の材料を加えると、より面白みのあるスムージーに仕上がります。
  • 酸味、甘み、風味のバランスを保ちましょう。例えば、胡麻ペーストはキウイと、ピーナッツバターはバナナとバランスが良く、興味深い味の対比となります。
  • スムージーの味が薄すぎると感じる時は、スムージーの硬さを調整するためにいくつかの食品を使って「口当たり」に変化を与えてください。
  • 味付きや味のない粉末栄養ドリンクをスムージーに加えることで、より健康的なスムージーに仕上がります。(ただし、スムージーが硬くなりすぎないように必ず水分を加えて下さい。)
  • ブレンダーの蓋が閉まらなくなるほど材料を詰め込まないようにして下さい。蓋をせずにブレンダーを使うと、スムージーがあちらこちらに飛び散ります。
  • 最初に氷を入れてから水、凍ったままのアイスクリーム、そして果物を加えていただくこともできます。おいしくて健康的なスムージーが出来上がります。
  • ヨーグルトの代わりにカッテージチーズと牛乳を少し加えると、スムージーに含まれるタンパク質の量が増えます。
  • 一週間に何度もスムージーを召し上がる方は自家製ヨーグルトを作ってみましょう。材料費を劇的に抑えられます。
  • スムージーを混ぜすぎないように気をつけましょう。ミルクシェイクのような仕上がりになってしまいます。
  • 缶入りパイナップルはスムージーの味のベースに最適です。
  • 材料をすべて最初に用意しておく習慣をつけると、手が汚れた状態で冷蔵庫に材料を取りにいく必要がなくなります。

編集注意事項

  • ブレンダーの刃の部分にお気をつけ下さい。ブレンダーが動いていても動いていなくても、ひどい怪我をする原因となる恐れがあります。刃の周りを洗う時や取り外す時は必ずボトル用のタワシをご使用ください。
  • ブレンダーには蓋をしてください。蓋を押し下げる種類のブレンダーもあります。お手持ちのブレンダーの使い方に慣れて下さい。
  • 未成年の方は果物を切る際には大人に手伝ってもらいましょう。
  • 材料を混ぜ合わせただけのスムージーは、美味しい、まずい、面白みのある味、と仕上がりは様々です。

編集必要なもの

  • ブレンダーまたはフードプロセッサー
  • 果物
  • 風味をつけるための液体や添加物


この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ